充電 扇風機

充電 扇風機

充電 扇風機

このページは「放射能、放射線、放射性物質の違い 」の情報コンテンツです。
充電 扇風機 > 放射能、放射線、放射性物質の違い

豆知識

放射能、放射線、放射性物質の違い

さて、あなたは放射能、放射線、放射性物質。これらの違いがわかりますか?同じような意味でとらえられている方も多いと思いますが、実際はそれぞれの意味、内容は少し違います。

放射性物質は不安定

実際の物質として存在する「セシウム」や「ラジウム」などは放射性物質といわれます。テレビニュースでもさまざまな物質名が挙げられていますが、これらは放射性物質。原子力発電などで使われる核燃料物質なども放射性物質ですが、これらは非常に不安定な物質で存在するだけで元素として崩壊していくのですが、この時に発せられる粒子線や電磁波を放射線といいます。

放射線が危険

「ベクレル」や「シーベルト」という単位をテレビで言われるのを聞いたり、放射能測定器で計測する値などはこの放射線を計測したものとなります。放射線はまず粒子線や電磁波と大きく分けることができ、さらに粒子線の中にはアルファ線や中性子線、太陽や宇宙から降り注ぐ自然発生的な宇宙線も含まれます。電磁波については身近なところですとレントゲンにつかうエックス線がこれにあたります。

自然放射線やレントゲンなどの放射線による被爆は人体に影響が無い程度のものとなっています。日本のように医療の発達した国ではレントゲンなど医療器具による被爆量が自然放射線よりも大きくなりがちだそうですが、通常であれば自然放射線の被ばく量が多いそうで、私たちは実は常に放射線を浴びているのです。

放射能とは

放射能とは放射性物質が放射線を発する能力のことをいいます。つまり、私たちの人体に影響を及ぼし汚染するのは「放射線」であり、物質としてその場所に存在、除去するのは「放射性物質」。放射能に汚染されるという言葉は厳密には間違った表現となります。

充電 扇風機 激安通販