充電 扇風機

充電 扇風機

充電 扇風機

このページは「放射能と人体 」の情報コンテンツです。
充電 扇風機 > 放射能と人体

豆知識

放射能と人体

放射能(放射線)は人体へ影響があることが知られていて、放射線に被曝することは危険だと思われています。もちろん被曝は避けるべき事態ですが、そもそもどのような影響があるのでしょうか?

発病率の増加

放射線が細胞やDNAなどを傷つけてしまうことで、さまざまな病気の発生率が上がってしまうといわれています。たとえば放射線の被ばくが原因と思われる病気の代表的なものとしてはガンや白血病の発病率増加がありますね。ただ、実は放射能が人体に与える慢性的な障害というのは詳しくはわかっていないそうです。

人体で実際に実験するわけにもいかず、実際に実験を行うことが仮にできたとしても長時間必要になる上に、放射線の被曝が原因かどうかは数多くの事例・ケースの調査が必要になります。また、遺伝的要素での影響を調べるには実験対象の子供・その子供、、と追いかけ続ける必要がでてしまうため、実際どのようなことが起こるのか詳しくわかっているわけではないそうです。

胎児への影響

実際にどのようなことが起こるのか事細かにわかってはいないとしても、私たちの日本では原爆による被爆被害があり、当時の被ばく者から生まれた方々への影響がみられています。そのため、妊婦さんはレントゲンなどを受ける際にはお腹に専用のカバーをかけて保護されています。

最近の歯医者さんでは治療台に居ながらにしてレントゲン撮影ができ、私も実際にレントゲン撮影を治療台の上で行ったことがありますが、その際に隣の女性がお腹にカバーをかけてもらっていました。

自然界の放射線

被曝してしまうということに対して私たち日本では原爆被害からいろいろなことを学んでいますが、放射線にもさまざまな種類があり、実は自然界でも存在する放射線(放射能物質)があります。たとえば、宇宙から降り注ぐ宇宙線と呼ばれる放射線がありますが、これは常に地球に降り注いでいるわけです。

また、私たちがふだん口にする食べ物にも汚染ではなくごくごく微量の放射性核種と呼ばれるものが含まれています。たとえばカリウム40はそのうちの一つです。もちろん、人体への影響が無いといってもよいほどの量しかありませんので食べても平気なわけですが、放射線・放射能に対して恐怖を知るとともに、過剰な反応をし過ぎない冷静な目線を持つことが大切です。

充電 扇風機 激安通販