充電 扇風機

充電 扇風機

充電 扇風機

このページは「身近な放射性物質とは 」の情報コンテンツです。
充電 扇風機 > 身近な放射性物質とは

豆知識

身近な放射性物質とは

放射性物質というのは、たとえば原子力発電所で発生する縁遠い存在だと思っていませんか?一言に放射性物質といってもいろいろな種類があり、実は私たちの日常生活でも触れている・摂取していることがあります。

医療現場の放射性物質

多くの方が知っている放射線物質・放射能としては医療現場のレントゲンやCTがありますね。これらを受けることでごく微量の被ばくは確かにありますが、人体への影響はほぼありません。そして、これらの検査を使うことでわかる病気やその原因追究で得られるものの方が大きいからこそ、お医者様はレントゲンやCTを行うのです。

ただ、医師ではない私たちがレントゲンを受けるのは年に何回かしかありませんが、レントゲン技師のように毎日来る患者さんのレントゲンを撮っている方はごくごく微量といっても、被曝量が蓄積されていきます。こういったお仕事をされている方は被ばく量がわかるバッチなどを付けていて、一定量を超えるとしばらくその業務に従事しないようにする、という決まりもありますね。

ちなみに、MRIという機材も医療現場にありますが、こちらは放射線を活用した医療器具ではなく超音波を使ったものですので、被曝の心配はありません。

温泉に含まれる放射性物質

日本人は温泉が大好きですね!しかし、この温泉にも放射性物質が含まれています。温泉の成分としてラドンというものが含まれていることがありますが、実はこれが放射性物質。ただ、これら物質が問題視されるようなお話は聞きませんね?ラドンも人体への影響はほぼありませんので、「温泉に入りすぎたら危ないのかな・・?」と心配されることもありません。

「温泉を飲み水にしているために長寿」なんて言われることもありますよね?人体に影響があるなら逆に短命になっているといわれることの方がおおいでしょう。

放射性ホルミシスの天然放射鉱石を含んだ岩盤浴マットへの応用

天然放射鉱石を繊維に含み、遠赤外線の暖かさを布団に応用したのがこの岩盤浴マットです。 温泉好きの方ならこういう岩盤浴マットについてもご存知の方が多いかもしれません。 放射性ホルミシス効果を活用した事例の1つですね。

充電 扇風機 激安通販